ka is NOW!

◆不定期でKis-My-Ft2への情熱を綴ります

MOREを読んで・・  

買ってきたよMORE!
それにしてもこういう雑誌って重いからたいへんだー

もうとっくに巷ではこの話題で持ちきりで、早く読みたかった。
だけど殆ど人様のブログで読んじゃったんだけどね(笑)
でも良かった。ただのワンピースネタだけだと思ってて買わない予定だったからw

あちこちにもうあがってるテキストだけど、
やっぱり自分もあげておきたい、亀の大事なことば。

ONE PIECEという作品との関わりについて・・・

「赤西がソロ活動をスタートさせた去年もスゲェ助けられた。
バラバラになっちゃうんじゃないか、このままでいいのか、悩んでいた時に響いたのが、ルフィたちとビビが別れるシーン。母国を救うためにルフィたち海賊と共に戦ってきた王女ビビは、ずっと一緒に旅を続けたいけど、国に戻り、使命を果たさなきゃならない。そして、ルフィたちも船を止めることはできない。
KAT-TUNという“船”も、お互いの夢や目標のため、船に残る者と離れる者に分かれるけど、心は常に繋がっている。絆は変わらない、と思えたんです」

うーん・・・・
こんなふうに書かれると正直動揺しちゃうよ。いまさら。
や、亀は大人だなぁーってしみじみ。

ぶっちゃけ私は漫画も読んでいませんし、内容も殆ど知らない人間なんですけど
そんな考え方もあるんだなーって。この辺が男と女の違い、なんだろうか。

まぁ、勿論ただのファンの自分がメンバーの絆や積み重ねた月日の重さを知る由は無いですから
想像つかなくて当然なんだけど、今のような状態になったことさえも亀の中では許されることなんだね。
いや、理屈はね、理解できる気もするんだけど・・・
感情がついていかない、ってことはなかったのかなって。それも乗り越えたのかな?

亀がそんなふうに・・・ショックなことではあったとしても腹を立てることなく
きちんと割り切れて応援して、良きライバルであり友人であるのなら、
私は、私の感情は間違っていたんだってことに。
私の気持ちの変化は、亀に対して酷いことをしてたのか・・・

正直私は去年の件は頭に来たし、悲しかったし許せないと思ってた。
言動を見ていても全然救われることがなくて、ああもう彼に対してプラスの気持ちになることはないな、
って思っていちばん嫌な感じで自分の中から切り捨てたんです、無理に。
そうでもしないと元担として、カツン担として寂しくてやりきれなかったし、
彼を許し応援することは5人に対して失礼なんじゃないか、裏切りなんじゃないかって
勝手に思い込んでたから。

でもゆっちなんかは普通に連絡をとってたり会ったり、他のメンバーもラジオで名前出したり・・・
それが不思議で仕方なかったんです。実際どうなってるんだろ?って(笑)
いや、彼らにケンカ別れして欲しかったわけじゃないんです。
でも円満脱退、っていうわりには亀と聖は今まで一切触れることはなかったし、
向こうからは更に・・・全くなかったことみたいになってるし。

女は感情で生きる生き物なんでしょうかねー(笑)
すみません、締まらないエントリで・・・
ご気分を害されましたら申し訳ございません!!(汗)


結論:亀は大人で、私は子供。

Posted on 2011/02/26 Sat. 23:30 [edit]

category: KAT-TUN

thread: 亀梨和也 - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 3

CALENDAR

最近の記事

Twitter

つなビィ

カテゴリー

PROFILE

月別アーカイブ

検索ワードTOP10

Kis-My-Ft2

メールフォーム

QRコード

ブログ内検索

counter

online

その他  

楽天市場