ka is NOW!

◆不定期でKis-My-Ft2への情熱を綴ります

シアキスDVDあれこれ  

8/27発売『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』をやっと見終わりました。

感想?
うーん、逆に全部良過ぎて、特にここっていうのがわからない(笑)
印象的なのは、hydeの喉が調子良かったな~って事かな。
ALONE~MY HEARTあたりの流れは、神だと思います。
ラルクの楽曲、名曲過ぎます。

このシアキスツアーはね、演出が絶品ですよね。
さいたまのゲネプロで感じたことですが、こんなに贅沢なエンターテイメントショーは、
やっぱりこのくらい(のチケ代)取らないとな、って思いましたね。
演出だけでもう“ライヴ”の域を超越しているのに、そこにラルクアンシエルがいるわけだから。
そりゃ高くもなりますよ。

でも・・・全くもって個人的な意見なのであれなんですけど、
ラルクぐらいのハイレベルな演奏と楽曲があれば、ぶっちゃけ演出なんて無くても
素晴らしいライヴになることは必至だと思うんですよね。

昔からローリングストーンズの来日公演に行ってるんですけど、何年か前の東京ドームでは
ステージセットというものが全く無かったのを覚えています。
ただメンバーと、遠くの席の客が見るための演奏する彼らを映すだけのモニターがあるだけ。
それでも、ストーンズだから、セットや演出なんて要らないんですよ。
彼らが・・・チャーリーが叩いて、ロニーとキースが弾いて、ミックが歌えばそれだけで。
その姿勢には、驚きました。そして素晴らしいライヴでした。

でもあえて、ラルクはわざわざ多くの費用をかけて、凝った“ショー”を魅せようとする。
それだけライヴというものに対する力の入れ具合が強いんでしょうね。
実際、生のライヴほどの感動は、DVDでは再体験できないのが普通だと思いますが、
このDVDを見てたら、入り込んでしまって、また涙が出ました。
ラルクの楽曲を更に高める、完璧に近い演出ではないでしょうか。

だから・・・淋しいことで本当は認めたくないことですけど、
(AWAKEツアーもそうですが)これだけの完成度の高いツアーをやってしまったら、
“次”が見えなくてしばらくライヴが無いのも当然なのかな~と。
これほどのクオリティのものが、毎年ポンポンと出来るとは思えない。
ラルクのことだから、“前”よりも出来の良くないものをファンに見せるとは思えない。

それにはやっぱり、未来へつなげる為の充電も必要なんだろうな~と思う。
若さだけで次から次へ突っ走れる年齢でもなくなってきましたし(笑)私もですが・・・

オフショットなどの映像も嬉しいですね!こういうのはファンにはツボですよね。
Stage Screen Filmsが意外と良かった。背景だけでも、そこにラルクがいるように見える!
なんだかこれを見ていると、ライヴのイメトレをしているよう・・・。
しかしhydeは時に激しく、時に艶っぽい、幅の広いヴォーカリストですねー。
惚れ直しました。

さあ、今夜は嬉しいMステですね
関連記事

Posted on 2008/08/29 Fri. 14:57 [edit]

category: L'Arc-en-Ciel

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jinkano.blog109.fc2.com/tb.php/537-25ab76bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CALENDAR

最近の記事

Twitter

つなビィ

カテゴリー

PROFILE

月別アーカイブ

検索ワードTOP10

Kis-My-Ft2

メールフォーム

QRコード

ブログ内検索

counter

online

その他  

楽天市場